青山愛

こんにちは!t-sくんです(^^)/

今回は、トークバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」の進行を務めている、テレビ朝日の人気女子アナ!青山愛アバが“嵐を起こす女”と話題になっていますので、早速取り上げていきます!

スポンサードリンク

青山愛アナが嵐を起こす女と言われる理由は?

青山愛アナと言えば、テレビ朝日を代表する人気の女子アナですよね!

青山愛

2014年3月までは「報道ステーション」に出演しており、お天気キャスター&スポーツキャスターを務めていました!

2016年4月からは夏目三久さんの後任として、「マツコ&有吉の怒り新党」の進行を務めています。

そんな青山愛アナが“嵐を起こす女”として魅力を開花させていると言うのです!!

なぜ“嵐を起こす女”と言われているのか?

それは!

マツコさん&有吉さんも驚く過去!

では一体この過去とは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

マツコさん&有吉さんも驚く過去って何?

w700c-e_2052439

帰国子女ならではの感覚で切り返し、マツコさんと有吉さんが激高させるも動じることないその姿勢!

これが!マツコさん&有吉さんも驚く過去なんだそうです!

なんと言っても、青山愛アナは13年間の海外生活で、白人社会の中で馴れ染めず苦労していたそうですからね~。

その苦労を笑顔で乗り切る、その精神力には高い評価を得ています。

白人社会と言わず、アウェイの場で数年も過ごす事って、かなり凄い事ですよね?

同じ日本でも東京と大阪では、だいぶ文化が違うわけですし…。

因みに、青山愛アナは生後7か月で渡米します。父親の仕事の都合だそうです。

一度は帰国するものの、中学・高校時代の5年間はテキサス州で過ごします。

高校2年生の時に帰国し、京都大学の経済学部に進学するのです!マジでエリートなんですね~。

「マツコ&有吉の怒り新党」の進行に抜擢されたのは

  • 帰国子女ならではの感覚
  • あっけらかんとした言動
  • 憎めなさ

が大きな要因だと思います。

いかんせん、当初は加藤綾子アナが起用されるのでは?と言われていましたからね…。

青山愛アナが“嵐を起こす女”と言われる由来を紹介!

・「マツコ&有吉の怒り新党」2回目の出演となる4月20日放送では、学生時代の呼び名について聞かれ、愛(めぐみ)という名前から、ハリウッド女優のメグ・ライアンにかけて「ライアン」と呼ばれていたことが判明。

有吉弘行からもその輝かしい経歴に「挫折したことある? 行きたい大学、入りたかった会社、落とせなかった男もいないでしょ?」といじられたが、青山は「今の3点では(挫折は)ない」とあっさり回答。

これにマツコ・デラックスは衝撃を受け、彼女に「世の中の反感は“適度に”買ってよ。素晴らしい」とまで言わしめた。

 

・さらに青山は、好きなタイプについて「アメリカが長いので外国人の方が好き」とキッパリ。

これまで付き合ってきた外国人と日本人の割合は「2:1」と明かし、その赤裸々な告白に、ネット上ではこれまでのファンが「知りたくなかった……」とショックを露わにした。また、有吉の「彼氏と喧嘩になったら(自分から)折れる?」との質問には、「折れないんです。アメリカだと謝ったら本当に負け」と返答。

これにマツコ・デラックスが「うるせえなこの野郎! 日本だよここは!」と激高し、ネット上では「このキレ方(笑)」など、マツコ・デラックスの面目躍如を賛辞する声が集まった。

 

・5月18日放送で青山が「(白米も)好きです。でも、飽きません?」と発言した際には、炭水化物好きで知られるマツコ・デラックスが「お前みたいなタイプから(いつかその発言は)出てくると思ったけど、こんな短い時間で出てくるとは」と半ギレに。

その放送を見ていたさまぁ~ずの三村は「怒り新党の青山アナ。なんかテレ東の狩野アナに似てる。要注意」とツイートし、話題を呼んだ。

この「報道ステーション」では、知的で清楚キャラとして好感を得ていた青山愛さんの、新たな魅力が話題になっているんですね~。

まぁニュース番組とバラエティ番組では環境が違うと思いますし、本人的にも「マツコ&有吉の怒り新党」で本音を言っている方が楽しいでしょうから、プラスになっているんじゃないですかね?

高校デビューって言葉があるように、中学と高校では環境が違うようにね!

自分自身が楽しければ良いですよね?やらされらた別ですが…。

「好きな女性アナウンサーランキング」でも2016年は上位にランクインされそうな予感のする、これからが期待の青山愛アナに今後も注目です!

合わせて読もう!青山愛のDカップを強調した画像や美脚が過激と話題に!彼氏の存在にも迫る!

と言うわけで今回は!

青山愛アバが“嵐を起こす女”と言われる理由について取り上げました!

次回もお楽しみに(^^)v

スポンサードリンク