スポンサードリンク

 

くらもちふさこ

こんにちは!t-sくんです(^^)/

今回は!くらもちふさこさんの作品である「花に染む」が、【第21回手塚治虫文化賞・マンガ大賞】に選ばれた!と世間を騒がせていますので、作品の内容や、新刊の情報について取り上げていきます!

まずはくらもちふさこさんのプロフィールを、かる~く紹介します!

スポンサードリンク

くらもちふさこさんのプロフィール

くらもちふさこ

名前:くらもちふさこ

本名:倉持房子

愛称:ふーちゃん

生年月日:1955年5月14日

出身地:東京都渋谷区出身

学歴:武蔵野美術大学中退

くらもちふさこさんってど~いう人?

主に1980年代を中心に少女まんがの日常心理の表現技法に影響を残し、三原順「はみだしっ子」にくらもちふさこがモデルであるフーちゃんが登場する。

美内すずえのアシスタントをしていたことがある。

デビュー前までの少女漫画といえば、舞台が外国とか夢物語のような恋愛、あるいは栄光を目指す根性ものやその他、どこかで一般少女の日常のバランスを離れていくイメージが多かった。

しかし、1970年代りぼんで陸奥A子などの乙女チックまんがといわれるふつうの女の子の身近な叙情感覚を重視する分野が大きな人気を持った。

これと並行して作家として成長したくらもちふさこの作品は、ごく初期の主人公が気弱ながら心をつなげていったり、身近の心理をテーマに展開し、以後もそんな心理描写を中心とした作風を進めている。ストーリーはゆっくりした歩みの中で心理的に読みが深まっていく傾向がある。

初期を中心にミュージシャンなどの芸能ものもあるが、それもほとんど、社会的成功・根性ものとしてでなく、ファン視点など気持ちの交流の話として描かれている。1970年代後期から1980年代中期ごろまでの彼女の作品は、コマ割りの呼吸のような表現と描線による内面描写が大きく発達した時期で、少女漫画の少女まんがらしい表現技法にとって大きな貢献といえる。

これは、りぼんでの乙女チックと言われたものよりドラマチックな面を含む。以後も作風は微妙に発展し続ける。

作品を掲載していた集英社『別冊マーガレット』では、1970年代後半にデビューした多田かおる・いくえみ綾などにとどまらず、1990年代には紡木たくと双璧をなす影響を後進に与えている。

1990年代に入ってからは、より挑戦的な作品を発表するようになり、1990年半ばからは活躍の場を『別冊マーガレット』から『コーラス』に移している。

そんな中で生まれたのが代表作「天然コケッコー」である。エピソードを積み重ねる演出、直接には表現せず絵から想像させる技法など、一種凝った心理描写を得意とする。

2012年現在、『コーラス』から改題した『Cocohana』で活躍中。

高校時代には、

  • 「春のおとずれ」で第49回別マまんがスクール佳作
  • 「新聞部異状あり」で第51回別マまんがスクール佳作

を受賞しています。

では、くらもちふさこさんのことが、すこ~し分かったところで、本題へ移りましょう!

スポンサードリンク

くらもちふさこさんの花に染むはどんな作品?

くらもちふさこさんはこれまでに数々の作品を世に送りました。

代表作として

  • いつもポケットにショパン
  • いろはにこんぺいと
  • 東京のカサノバ
  • アンコールが3回
  • 海の天辺
  • 駅から5分

などがありますが、中でも今回【第21回手塚治虫文化賞・マンガ大賞】に選ばれた、「花に染む」は人気の高い作品ですね。

さて、【手塚治虫文化賞・マンガ大賞】には過去

  • ドラえもん
  • 「坊っちゃん」の時代
  • MONSTER
  • 西遊妖猿伝
  • 陰陽師
  • バガボンド
  • 黄色い本 ジャック・チボーという名の友人
  • JIN-仁-
  • キングダム

などの名作が選ばれてきました。元々人気のある作品ばかりですが、【手塚治虫文化賞・マンガ大賞】に選ばれることで、一層注目が高まり、知名度も一気に上がります!

また、少女漫画と言えば、今や映画化もどんどんされる時代です。それだけ少女漫画は人気があるという事です!

これまで少女漫画から映画化された人気作品には、こんな作品があります!

  • のだめカンタービレ
  • 花より男子
  • NANA
  • 僕等がいた
  • 僕の初恋を君に捧ぐ
  • ヘルタースケルター
  • ホタルノヒカリ
  • 今日、恋をはじめます
  • 図書館戦争
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる
  • 君に届け
  • Paradise Kiss
  • 砂時計
  • さくらん
  • ラブ★コン
  • ハチミツとクローバー
  • 僕は妹に恋をする
  • 高校デビュー
  • 海街diary

など!有名な映画ばかりですよね!t-sくんは「今日、恋をはじめます」「Paradise Kiss」を見たことがありますが、どちらも冒頭からハマっちゃいました。

胸キュンしたい人には、やっぱ少女漫画ですね!

では、くらもちふさこさんの「花に染む」はどんな作品なのでしょうか?

くらもちふさこさんの「花に染む」を紹介!

花に染む

「花に染む」はコーラスにて2010年3月号より連載を開始し、2011年10月号で、一部が完結します。

その後、Cocohanaにて2013年7月号より「新章」の連載が再開され、2016年9月号で完結しました。

単行本は全8巻。

あらすじ

比々羅木神社の息子・圓城陽大は、兄の陽向と従妹の雛と共に弓道に励む日々を送っていた。

陽大の流鏑馬姿を見て弓道を始めた神社の隣の畳屋の娘・宗我部花乃も、中学校の弓道部で圓城兄弟と弓道に励んでいた。だがある夜、神社の宝物殿から出火し、陽大は両親と兄を一度に亡くしてしまう。

その火災以来、花乃は陽大と連絡を取ることすらままならなくなるが、やがて陽大が親戚である雛の養子になることを聞く。

「花に染む」の評判

1巻のお試しを読んでみよう!

スポンサードリンク

くらもちふさこさんに新刊の情報は?

最後に、くらもちふさこさんに新刊の情報についてですが、現段階で新刊の情報はありませんでした。

しかし、【第21回手塚治虫文化賞・マンガ大賞】に選ばれたことで、新刊(新たな作品)を発表するかもしれませんね!

その日が来るのを楽しみにしていましょう!

ホントにおめでとうございました!

とと言うわけで今回は!

  • くらもちふさこさんの花に染むはどんな作品?
  • くらもちふさこさんに新刊の情報はある?

を紹介しました!

次回もお楽しみ(^^)v

スポンサードリンク