スポンサードリンク

こんにちは!t-sくんです(^^)/

今回は、懐かしいアニメがニュースで取り上げられていたので「懐かしいな~」と思いつつ、紹介したいと思います。

そのアニメの名前は!!

ママレードボーイ!

このママレードボーイは少女漫画の人気作品で、1994年3月13日から1995年9月3日まで日曜日の朝に放送されていた作品です。

ってなわけで、ママレードボーイについて、今回ぜひとも紹介したいのが、主題歌!!

ストーリーにマッチした、この主題歌をぜひとも紹介したのです!

まずは、ママレードボーイについて、どんな作品か?簡単に紹介したいと思います!

スポンサードリンク

ママレードボーイってどんな作品?

ママレードボーイは、吉住渉による漫画作品。

集英社の少女漫画誌「りぼん」に連載されテレビアニメ化、劇場アニメ化されたほか、台湾で実写のテレビドラマ化もされている。

単行本全8巻、完全版全6巻。全編に渡ってトレンディドラマが繰り広げられる。

『Cocohana』(集英社)2013年5月号より、本作の13年後を舞台に、光希と遊の両親たちに新たに生まれた妹と弟を主人公とした続編『ママレード・ボーイ little(リトル)』が連載開始された。

当時小学生だったt-sくんは日曜日になると、ママレードボーイの放送が楽しみであり、ビデオに録画なんかもしていましたね。男子でも十分楽しめる作品であり、ファンも多いのではないでしょうか?

特に恋に悩む10代の若者には、是非ともオススメの作品と言えます。

t-sくんも小学生ながら、嫉妬やすれ違い等の恋愛にありがちな部分をママレードボーイで学べたと思います。

しかし、このママレードボーイに続編があったことは知らなかったので、ママレード・ボーイ littleにも興味をそそられました。

ママレードボーイの詳しいあらすじについては、コチラのサイトが参考になります!ぜひ拝読を!

では、ママレードボーイがどんな作品か分かったところで、本題に移りましょう!

スポンサードリンク

ママレードボーイのアニメ主題歌が名曲すぎる!

今回t-sくんが、ぜひとも紹介したい!と思ったのは・・・

アニメ化された時の主題歌!

知る人ぞ知る名曲だと思いますが

知らない!!

と言う人の為に紹介したいと思いました。

まぁこの主題歌は相当聴いたので、30歳を超えた現在でも、ハッキリ覚えています。

小学生の頃って好奇心が強いから、当時の記憶って歳をとっても結構覚えているんですよね。

今では昨晩のおかずもあまり覚えていないと言うのに・・・。不思議なもんです。

主題歌のタイトルは「笑顔に会いたい」です。

因みにエンディングテーマは「素敵な小夜曲」という曲でした。

「笑顔に会いたい」を動画で聴いてみよう!

では早速「笑顔に会いたい」をオープニング動画で聴いてみましょう!

懐かしいと思う人や聴いた事ねぇって人も、これを機にぜひともきいてみてくださいね。

ホントに懐かしいの一言です。松浦遊がやっぱりイケメンですよね。

そんなママレードボーイですが、ファンには嬉しい実写映画化が決定したのです!

映画.comによると、ママレードボーイの実写映画化については下記の通りです。

吉住渉氏の人気少女コミック「ママレード・ボーイ」が、桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演で実写映画化されることが決定した。「ストロボ・エッジ」「PとJK」の廣木隆一監督がメガホンをとり、ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」などで知られる浅野妙子が脚本を執筆。「実写化は憧れだった」という原作者・吉住氏は、「フレッシュで可愛い桜井さん、誰もが認める超美形の吉沢さんが、廣木監督の美しい映像の中で、光希と遊としてスクリーンで輝く姿を見るのが本当に楽しみです!」とコメントしている。

 少女漫画誌「りぼん」で1992~95年に連載された同名原作漫画は、シリーズ累計発行部数1000万部を記録する人気作。94年にテレビアニメ化、95年に劇場アニメ版が公開され、2001年には台湾でテレビドラマ化されている。現在、続編となる漫画「ママレード・ボーイ little」が「ココハナ」(集英社刊)で連載中だ。

 物語は、ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生の男女の恋模様を描いている。女子高生の小石川光希は、ある日突然、両親から離婚すると告げられる。さらに両親は、「ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、互いのパートナーを交換して再婚することになった」と説明し、「松浦夫妻の1人息子・遊も含めてみんなで一緒に暮らそう」と爆弾発言。2組の家族による常識外れな“共同生活”が始まると、光希は無愛想だが優しい遊に惹かれていく。

 光希役の桜井は、「20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです」と意気込んでいる。

 一方、「見た目は甘いが中身は“苦い”=ママレード・ボーイ」の遊に扮する吉沢は、「今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。ついにこの顔面をフル活用する時が来たな」と茶目っ気たっぷりに語る。「若い世代で頑張って作り上げます。どうぞ温かい目で見守ってください」と気合十分だ。

 少女漫画原作の映画を多数手がけている廣木監督は、「少女漫画ってなんだろうと思わせてくれる、僕の中での原点でもあり今なお愛されてる原作を映画化できることはとても嬉しいです」と原作に対する思いを明かす。そのうえで、「思春期の男女がピュアに誰かを好きになるということがどんなことなのか? そうして悩んだ時もある大人達のドラマもあり広い層に愛される作品にしたいと思います」と話している。

 「ママレード・ボーイ」は、2018年から全国公開。

公開はまだ先ですが、リアルタイムでアニメを見ていたt-sくんからすれば、かなり期待できる内容であることは間違いないと言えます!

桜井日奈子さんのことをもっと知りたい!と言う方はコチラの記事を参照してくださいね!桜井日奈子さんの魅力が伝わることは必須です!

桜井日奈子の水着画像でカップが見たい!バスケのCMもかわいい!

桜井日奈子さんがこの映画版ママレードボーイに出演したことで、さらに人気がでると良いですね!

と言うわけで今回は、ママレードボーイという少女漫画について紹介しました!

次回もお楽しみに(^^)v

スポンサードリンク