中嶋しゅうの画像

こんにちは!t-sくんです(^^)/

俳優の嶋しゅうさんが、舞台の公演中にステージから転落し、搬送先の病院で死去した!という衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なので今回は、妻の鷲尾真知子さんの心境や事故原因について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

中嶋しゅうさんのプロフィール

名前:中嶋しゅう(なかじましゅう)

生年月日:1948年4月18日

出身地:東京都

身長:172cm

体重:62㎏

特技:乗馬、野球、スキー

所属事務所:元劇団NLT

中嶋しゅうさんの経歴

1977年に「劇団NLT」に入団し1989年に退団し、その後は映画や舞台を中心に俳優として活躍します。

プライベートでは、劇団NLTでめぐりあい、1978年頃より交際していた女優の鷲尾真知子さんと、25年以上におよぶ私生活をへて、2003年から2004年頃に結婚します。

おのおののご親族が続けて死去したことをキーポイントに、生命保険の保険金受取を踏まえたうえで、婚姻届の提出に至ったとのこと!

中嶋しゅうさんが死去!

中嶋しゅうさんは舞台を主として活動しているということから、認知度は高いとは言えません。

ですが、今回の事故で中嶋しゅうさんの名前を聞いた人も多いことでしょう。

それほど、人間の死というのは周りに大きな影響をあたえるのです。

中嶋しゅうさん7月6日に出演した舞台「アザー・デザート・シティーズ」の公演中にステージから転落し、頭を強く打ち、救急搬送先の病院で死亡が確認されました。

「アザー・デザート・シティーズ」ってどんな舞台?

ジョン・ロビン・ベイツ作『OTHER DESERT CITIES』は、2010年リンカーン・センターでワールドプレミアを行い、翌シーズン、ブロードウェイのブース劇場において上演され、トニー賞はじめ、ピューリッツァー賞戯曲部門など数々の賞にノミネートされ、いろんな地域で賞賛が寄せられていた作品です。

そんなジョン・ロビン・ベイツの傑作に、映画「紙の月」(2014年)の脚本を担当し、アカデミー賞優秀脚本賞を受賞された早船歌江子さん。

2010年に上演された「おそるべき親たち」(ジャン・コクトー)で第13回千田是也賞を受賞された演出家 熊林弘高っさん。

更には日本を代表する演技派俳優陣が集結。

日本アカデミー賞(2004年)主演女優賞、2010年には第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞、また舞台では読売演劇大賞 最優秀女優賞(2004年、2007年)など数多く受賞している寺島しのぶさん。

フジテレビ・ドラマ「若者たち」でデビューし、1993年 第1回読売演劇大賞優秀女優賞 受賞、それ以降も数多くの舞台に登場している佐藤オリエさん。

読売演劇大賞最優秀女優賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞など数多くの演劇賞のみならず、映画でも日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞された成果が認識され、2006年紫綬褒章を受章した、麻実れいさん。

そして、映画・ドラマだけにとどまらず、近年舞台でも凄まじさを醸し出し、実力派若手俳優の一人としてクローズアップされている中村 蒼、柔軟自在な演技力とその性質がひかる中嶋しゅうさんが出演します。

この5名の俳優が生み出す、トラジックな歴史を持つ家族のストーリーに期待です!

「アザー・デザート・シティーズ」のストーリーを紹介!

砂漠の町の豪邸を舞台に、クリスマスで里帰りしてきた娘のブルックが、ここまで家族がうやむやにしてきたある出来事の書籍化を提案するといったストーリーです。

2004年、パームスプリングスにあるワイエス家。

家族とクリスマスを過ごすために、カリフォルニアの家に数年ぶりに娘のブルックがふる里へ帰省してきました。

共和党を熱烈に支持する父ライマン、その妻で元ライターの母ポリー、TVプロデューサーの弟トリップ、そしてアルコール依存症の叔母シルダ。

ひさし振りの家族団欒に話は盛り上がるますが、そこでブルックはかつて家族に生じた悲劇的な事例を作家の娘であるブルックが回想録の出版を明かします。

それは、ずっと昔に閉ざし、互いに語らずに来た過去を露骨に思い描いたものでした。

政治家の父、作家の母は、娘と激しく対立してきます。家族がひた隠しにしている秘密とはなんでしょうか。

家族の中の1つのベースとなる巨大な問題があり、それをもとに家族がメチャクチャになっていく。

厳格な家庭の中で生まれ、母親と同じ作家の娘は、幼い時からここを離れたいと望でいる。

子供と厳格な親の戦いを超えることで、家族の中での居場所や、自分の存在を自覚していく。

長い間隠されてきた家族の秘密を、個々の政治観と持ち味を織り混ぜながら語られる、ワイエス家を舞台にした家族劇。

上演台本を映画『紙の月』の脚本を担当した早船歌江子さん。

演出を2010年上演の『おそるべき親たち』『毎日芸術賞』千田是也賞を受賞した熊林弘高さん。

中嶋しゅうさんの役どころは?

「アザー・デザート・シティーズ」での中嶋しゅうさんの役どころは、主演である寺島しのぶさんの父親役を演じていたんです。

役名は、「共和党の政治家ライマン」主演の父親でしたから、重要な役どころとなっていました。

スポンサードリンク

妻の鷲尾真知子さんが悲痛な心境を告白

鷲尾真知子の画像

突如として夫の中嶋しゅうさんの死去を知った、妻の鷲尾真知子さん。

そんな鷲尾真知子さんは7日未明、所属事務所の公式サイトで

「まだ私自身が信じられない気持ちの中におります」

と突然の訃報に悲痛な心境を打ち明けました。

「私、鷲尾真知子の夫・中嶋しゅうが、初日上演中の舞台から転落し、救急搬送された病院で7月6日午後10時に息を引き取りました。これから警察での詳しい検死が行われるとのことですので、申し訳ありませんが、皆様にお伝えできるこれ以上の詳細情報が、私にもございません」

と訃報を発表します。

「ただ、中嶋本人も連日稽古に励み、開幕を楽しみにしていた公演初日に、このような事態となりましたこと、共演の皆様をはじめとする関係者の皆様、ファンの皆様に、妻として、深くお詫び申し上げます」

とコメントしました。

鷲尾真知さんも明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(7日〜8月6日)に出演。

「そして、私自身も本日7月7日に初日を迎える明治座での公演がございます。それぞれ1日違いで開幕する舞台でしたので、中嶋とも互いに励まし合いながら、ここ数週間を共に過ごして参りました」

とのこと。

「まだ私自身が信じられない気持ちの中におりますが、今はただ、公演初日から千秋楽まで、無事に務め上げることに集中したいと思っています。中嶋もそうすることを一番に願っていると思います」

と悲しみを持ちこたえ、気丈にステージに立つ決心表明しました。

鷲尾真知子さんは中嶋さんと同じ劇団NLT出身でフジテレビ「大奥」の「大奥スリーアミーゴス」などで知られている女優さんです。

スポンサードリンク

中嶋しゅうさんの転落事故の原因は病気?

体調に異変が起こり、舞台から転落した可能性があるとみているとされています。

椅子から立ち上って演技をしようとしたところ目まいを感じているようにふらふらしていたという噂もあります。

主演の寺島しのぶさんは役名で呼びかけたが応答がなく、手をクロスさせてスタッフに援助を求めました。

その後、すっ飛んで行ったスタッフや場内にいたお医者さんが心臓マッサージなどの救命措置を施し、都内の病院に緊急搬送されたのだそうです。

落下した高さは75cm。

病気ではないみたいですが、急に立ち上がるとフラフラする人は結構いるみたいです。

起立性低血圧って言うみたいですよ!

風邪などで体が弱っている時などによく起きるらしいです。

他にも

①「回転性めまい」
→症状は内耳の障害より発症しやすくメニエール病、滲出(しんしゅつ)性中耳炎、内耳炎なんかでもよくみられます。また仰向けに寝ている時、いきなり天井がグルグル回って見えたり、立っている時も光景が回転することから、立っていられずその場にしゃがみ込んでしまう人もいます。

②「非回転性めまい」
→めまいとともに吐き気や嘔吐、発汗、顔面そう白などの症状が出る。内耳の異常や脳血管障害、メニエール病が疑われ、ストレス、不眠などが誘因と考えられている。

③「平均失調症」
→よく知られているめまいのイメージとは異なり、体が左右にガタつくなど体のバランスがとりづらくなり、座っていても症状が現れます。良性発作性頭位めまい症とも言われていますが、メニエール病、聴神経腫瘍、血管障害などの疑いもあります。

④「立ちくらみ」
→“仮性めまい”ともいわれる症状で、耳や脳の病気とは関系が薄いのですが、高血圧や低血圧などの病気を抱え、さらにはプレッシャー、疲れといった蓄積があると発症しやすいです。突然立ち上がったり、長い時間立ったままでいるとめまいがし、ひどい時は吐き気や嘔吐、発汗、顔面がそう白になるなど貧血みたいな症状です。

これららが原因とも考えられまが、中嶋しゅうさんの死因は現段階で特定できていません。

7月ですから、ボチボチ熱中症にも気を付けないといけない時期ですし、こういった環境の変化も何らかの要因になっているのかもしれませんね。

ネットでの声

・1メートルの高さでも打ち所によっては死に至る…。ご家族はもちろん、
舞台関係者も辛いだろうな…。ご冥福をお祈りします。

 

・お悔やみ申し上げます。余程打ち所が悪かったのだろう。
心臓マッサージを施していたと聞いていたが助からなかったんだね。誠に無念だろう。

 

・転落して打ち所が悪くて亡くなったのではなく、何らかの命に関わる急病が原因で舞台から転落した可能性もある。

東宝映画「日本のいちばん長い日」首相 東条英機役は名演技だった。
本物と敬礼の所作が一緒だった。それに背を少し曲げた歩き方もよく似せてあった。
突然の訃報、お悔やみ申し上げます。

 

・言葉にならない。かわいそう過ぎる。今は故人のご冥福をお祈りするのみ。

 

妻の鷲尾真知さんはもちろんのこと、ファンも今回の中嶋しゅうさんの事故死には大変驚いたでしょう。本法にお悔やみ申し上げます。

と言うわけで今回は、俳優の中嶋しゅうさんの妻、鷲尾真知さんの心境や死去した事故原因について紹介しました!

次回もお楽しみ(^^)v

スポンサードリンク