PTSDってどんな病気?

PTSDとは、命の危険性を感じ取ったり、一人ではどうしたら良いかわからない凄まじい強力な力にコントロールされたりといった、強い恐怖心が生じることを経験した人に発病しやすい症状です。その恐ろしかった体験の記憶がこころの傷(トラウマ)という形で残り、色々な症状を及ぼすのです。

しかし、このような体験をした人がみんなPTSDになるということではありません。同様の事故にあったとしても、PTSDが発症する人とならない人がいるのです。

それでは、PTSDになる人はこころの弱い人なのだろうか?実際の所そういったことはなく、活気のある男性がPTSDに苦悩している例もいくつも存在します。どんな人がPTSDを発症しやすいのかは明確になっていません。PTSDは、誰がなるかはっきりわかっていない障害です。わかりやすく言うと、どんな人でもその可能性があるのです。

いつまでもこころの傷をクリアできないからといって、己を責めないでください。すごく怖い思いをした自身にとって、PTSDはよくある反応と言うこともできるのです。

命の危険性に結びつくほどのその体験が犯罪被害ですと、犯罪被害者の会や支援組織など、たくさんの相談窓口があります。

地震などの非常に大きい天災のケースでは、救護チームの中にアドバイザーが派遣されることもありますので、救援スタッフにお伺いを立ててみることもひとつのやり方です。

その他、地元の精神保健福祉センターや、精神科や心療内科など、PTSDに知識のある専門医やカウンセラーのいる施設もあります。

そうは言っても、性的被害や家族内のDVなんてことは人に相談しづらく、特に女性や子供など立場の弱い人の一部には周りの人に相談できなくて一人で悩み、我慢していらっしゃる人が少数とは言えません。

PTSDのみならず。今あなたが苦悩しているんだったら、一人でがまんしないで、パッと相談窓口のある施設に連絡をとってみて下さい。

PTSDの症状

事件や事故の内容を完全に忘れた感覚でいたとしても、思いがけない時に、ツライ体験の際に身を以て感じ取った気持ちが蘇ります。
それは恐怖だけということではなく、苦痛、怒り、哀しみ、無力感などいくつもの感情が混ざった記憶です。

人の目からみれば、何にもないのにいきなり気持ちが不安定になってしまい、パニック状態になったり涙ぐんだりムカッとするので、理解に苦悩することだと言えるでしょう。

その事件や事故を、再び体験しているみたいに生々しく思い起こされることも考えられます。加えて、同じ様な悪夢を繰り返し見ることもPTSDに良く知られている症状です。

PTSDの治療法

持続エクスポージャー療法

トラウマになったシチュエーションをあえて思い描いたり、現在まで回避していた記憶をよびおこすきっかけにあえて身を置くことを意識する治療法です。

これにより、思い出しても危険はない、怖いことはないということをそれこそ肌身を通じて受け止めていくのです。
この治療は、専門的な治療者の立ち会いに従いに現在の状態が安心できることを患者さんがよく把握したうえで行うことが必須条件です。

「思い出すことが治療につながる」という知識のみで十分な実績がほとんどない人が患者さんに記憶の再体験をうながすと、それとは逆に心配がエスカレートして症状が悪化することにもなるかもしれません。

絶対条件として持続曝露療法の知識とキャリアが充実している治療者に従ってでしていくようにして下さい。