mig

こんにちは(^^)/t‐sくんです。今回は神奈川県相模原市の米軍基地において、相次ぐ爆発、火災事故が発生しましたので、事負傷者はいたのか?事故原因はなんなのか?今後このような事を起こさないためにはどうするのか?について取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

米軍基地爆発で近隣住民の反応は?

神奈川県相模原市には米軍基地があるんですね。知りませんでした…。

024e83ab

まずは、相模原市の米軍基地がどんなところなのか?こちらのサイトにてチェックしてみよう!イメージが沸くと思いますよ!

相模原市に所在する米軍基地の概要

面積はなんと、428.6ヘクタールもあるんですね!400ヘクタールで東京ドーム約855万5234個分らしいですから、いかに広いかがわかりますよね!とにかく広いの一言です。

そんな超広い米軍基地で8月24日未明、大規模な爆発、火災が発生したのです。しかも住民が寝静まっている中で…。家が揺れたことで、気づいた住民も多数。テロの可能性もあるのではないか?と近隣に住む住民達は、近くに米軍基地がある事に対して、リスクだと気づかされたのです。

幸いなことにケガ人などの負傷者については、現在の時点で報告ないので、心配はなさそうですが、住民に与えた恐怖を拭い去ることが今後の課題でないでしょうか?

スポンサードリンク

住民の声としては、「このまま市が焼けしまうかと思った。」爆発が発生してからの情報が入ってこない事に対して、「普通なら市の防災情報で、すぐに分かるはず。」と不満を口にする人、「テロだったら怖い…。」など不安そうな住民も多数います。

これに対して、米軍側はテロや犯罪の可能性はないと主張し、日鉄住金鋼管社長は誠意を持ち対応するとコメントしました。

爆発発生の原因と対策は?

米軍側は爆発事故の原因として、「医療、溶接用に保管していた酸素や窒素などのボンベが爆発した。有害物質はなく健康被害の心配はない。火災原因は不明だが、テロや犯罪の可能性はない。」と説明しています。

原因不明…。原因追及を急いでほしいですね!

爆発事故と言えば、過去に二又トンネル爆発事故や、墨田区花火問屋爆発事故、静岡駅地下街爆発事故、渋谷温泉施設爆発事故などがありましたが、今回の爆発事故も、歴史に残る大爆発となってしまいました。

黒岩祐治知事は、「基地周辺住民に大きな不安を与えたことは大変遺憾。県内には多数の米軍基地が所在することも踏まえ、今回の事故について、早期の原因究明と再発防止策の徹底を強く求める」とコメントしています。

想像してみてください。いつもと変わらぬ夜、いつも通りに布団へ入り、眠りにつく。寝静まっている中で、突如家が揺れ、爆発音が聞こえてくる…。僕だったら大地震が起きたんじゃないか?と身震いが起きるでしょうね。

爆発が起きた工場は11月に閉鎖予定で、冷却装置の取り壊しをしている最中でした。5人いた作業員は消火器で懸命に消化活動をしましたが、間に合わず…。

 

ホントにケガ人や死亡者がいなかった事が幸いですね。何が起こるかわからない。起きてからでは遅いですから、2度と同じことが起こらぬよう、協議を進めてほしいですね。

 

というわけで今回は、神奈川県相模原市で起こった爆発、火災事故についての紹介でした!

ニュース関連記事

大阪で起きた中1少年、少女殺人事件の犯人は山田浩二容疑者

トリマー鈴木希望さんが巻き込まれた小型機墜落事故

次回をお楽しみに(^^)v

 

スポンサードリンク