現在はおばさんキャラで再ブレイク中!

家政婦のミタではクソババア役を熱演した佐藤仁美さん。この家政婦のミタは人気のドラマで視聴率も高かった為、現在のおばさんキャラへと繋がったのかもしれませんね。

家政婦のミタはこんなドラマだ!

三田灯(松嶋菜々子)は、頼まれた仕事は“何でも”完璧に遂行するスーパー家政婦。

しかし、彼女は笑ったり、こびたりすることがなく、常に無表情で全く感情が読み取れない。

そんな彼女が派遣されたのが、阿須田家。家長の恵一(長谷川博己)は、妻の凪子(大家由祐子)を事故で亡くしたばかり。4人の子供・結(忽那汐里)、翔(中川大志)、海斗(綾部守人)、希衣(本田望結)は母の死に大きなショックを受け、家族の心はバラバラ。家の中も荒れ放題だった。

三田は、そんな家を見違えるように綺麗に片付ける。ゴキブリが出てくればつかんで窓から捨て、海斗が解けないで困っている算数の問題にスラスラと答え、料理も上手な三田。その仕事ぶりに、阿須田家の人々は驚く。

そんな中、凪子の妹・うらら(相武紗季)が阿須田家を訪れる。うららは、2日後の希衣の誕生日にパーティーを開こうと提案。プレゼントは何がいいかと聞かれた希衣は「お母さんに会いたい」と答える。そんな希衣にうららは「お母さんに会わせてあげる」と引き受けてしまう。

喜んだ希衣だが、幼稚園の友達から「死んだ人には会えないよ、お母さんは天国にいるから、会いたいなら死ぬしかないんだよ」と言われて落ち込む。

そして、幼稚園の帰り道、母が溺れて亡くなった川を通った際、希衣は三田に「一緒にお母さんに会いに行って」と頼む。そんな希衣の言葉に、三田がとった行動は…。

因みに家政婦のミタでのクソババア役の影響で、佐藤仁美さんの実年齢を知った人は、意外にも若いことにビックリするそうです。

中には40㈹見えたという意見もありました。

見た目って大事ですね!

見た目の重要性についてはメンタリストDaiGoさんは以下のようにコメントしています。

見た目を気にしていなかった人はぜひ参考!

今日は、「外見がいかに重要か」というお話をしたいと思います。心理学者が行ったいろいろな実験があるんですけど、外見のレベルとか、性格的な合う合わないとか、いろんなファクターがあると思うんですけど、1回会った人とどれぐらいの確率でもう1回デートをしたいと思うかというのを調べた実験があるんですね。

調べてみてなにがわかったかというと、結局、相関関係があったのは……つまり、もう1回デートがしたいと高確率で思う可能性がある要素がなにかというと、結局は外見的な魅力だけだったということがわかってるんですね。
この相関係数というのは、1だったらもう完全なる相関、つまり完璧に関係性があるということなんですけど、だいたい0.3を超えてくると相関関係があるということがわかる値なんです。もう1度デートしたいと思うかどうかを調べてみると、男性は外見的な魅力に対して0.36の相関があって、女性は0.44の相関があったんですね。

一番最初に行われた実験だと、男性がもう一度デートしたいと思うのは、見た目がけっこう重要だったという話なんですね。それで、女性のほうはその相関係数がちょっと高かったという話なんですね。
これは本当にそうなのかと。ウォルスターの実験というのはけっこう昔なので、そのあと、ペンシルベニア州立大学のブリスリンという人とルイスという人が、追加実験を行ったんですね。

そうすると、これはちょっと朗報なんですけれど、確かに外見的な魅力の相関係数が最も高かったんです。

外見的な魅力は0.89、ほぼ外見的な魅力で決まると言っても過言ではないぐらいの数値だったんですけど、相手との興味が一致するかどうかというのは0.64の相関係数がありました。あとは、社会性ですね。

内向的なのか、外交的なのかという、いわゆる社会性がどれぐらい相手と似ているのかどうかという部分では0.6の相関係数があったんですね。

だから、もちろん外見的な魅力を高めていくのは大事なんですけど、相手との興味を一致させたり、社会性を一致させていくことによって、ある程度、外見的魅力ほどではないけど、カバーはできるということがわかったという話でした。

(コメントにて)「社交性と社会性の違いは?」社交性というのは、意味的にはだいたい同じなんですけど、相手がめちゃくちゃポジティブでどんどんしゃべるタイプなのに、こっちがすごいだまったりすると微妙ってことですね。

つまり、相手とのコミュニケーションのレベルだったり社会的なスキルを合わせていくことが非常に重要ということですね。僕は昔から言ってますけど、初対面のときの会話だったり、最初に行われる会話というのは、相手に合わせましょうと。

共通点をたくさん見つけることが重要ですよという話をしたんですけど、それは正しいということですね。だから、性格が良ければモテるわけじゃないんですよ。どちらかと言うと、外見がいいほうがモテます。

現在でも十分にかわいい佐藤仁美さん!。

最近では貫地谷しほりさんにそっくりとネットで話題になり、2人のツーショットが反響になりました!

さて、家政婦のミタへの出演以降、佐藤仁美さんの出演番組の傾向が変わってきました。

もっぱら最近露出が高いのがバラエティ番組!

その個性的なおばさんキャラで再ブレイク中なのです。

そんな佐藤仁美さんが「今夜くらべてみました」に出演するようです!しかもビーチボーイズで共演した広末涼子さんとの共演が実現したのです!

10月4日放送の「今夜くらべてみました」はこのような内容になります!

スポンサードリンク

佐藤仁美さんが出演した「今夜くらべてみました」の内容

今回のテーマは
「トリオ・THE・37歳」

一人目は、国民的女優がこんくら初登場、広末涼子!
デビューから22年で子育て中の母親でありながら嘘みたいに透明感が変わらない奇跡の37歳。
芸能界を辞めようと思ってやっていた事から、自宅をテレビ初公開まで!
さらに、majiでkoiした!?あの人登場で、テンション上がりまくり!
見たことない広末が満載!

二人目は、広末とビーチボーイズで共演していた、佐藤仁美!
朝ドラの常連でありながら、私生活では悪口から下ネタまでこなす自由奔放な女優さんです。

三人目は、芥川賞受賞の又吉直樹。
37歳の今でも人混みが苦手な先生。
今回、20年間思いを寄せていた女性と奇跡の再会を果たします!

もっともっと佐藤仁美さんの事が知りたい!という方は、10月4日放送の「今夜くらべてみました」は必見ですよ!

と言うわけで今回は、佐藤仁美さんのかわいい若い頃を画像で紹介しました!

次回もお楽しみに(^^)v

スポンサードリンク