スポンサードリンク

 

つかじ俊

こんにちは!t-sくんです(^^)/

今回は漫画家のつかじ俊さんについて気になる話題を取り上げていきたいと思います!

つかじ俊さんですが、この度9月25日に大腸がんの為死去したことが家族によって発表されたました。

以下はスポニチアネックスさんが報じた内容です。

がん闘病中だった漫画家のつかじ俊氏が9月25日、死去した。1日、ブログやツイッターなどで家族が報告。昨年4月に「きょうのきゅうしょく!」の連載が2話で中止になった月刊漫画雑誌「ヤングエース」も2日、ツイッターで発表した。

つかじ氏のブログとツイッターで、家族一同として「平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。

生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、出版関係の皆さまには深く感謝申し上げます」と悲しみの報告。「さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、どれほど本人の心の支えになっていたか、深く深く感謝と共にお礼申し上げます。いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、旅立ちの報告をさせていただきます」とつづった。

 つかじ氏は昨年3月19日付のブログで「今日、手術やそれに関する説明をされました。進行がん、つまり悪性でした。心のどこかで奇跡的に良性…なんて考えていたのですが、やはりそんな奇跡は起こりませんでした。もっと早く見つかれば良かったんですけど、やはり25歳でがんだとは医者も滅多に思わないそうですね」と、自身が進行性のがんを患ったことを告白。

 また、翌4月には、月刊漫画雑誌「ヤングエース」に掲載された「きょうのきゅうしょく!」の連載が中止になったことが、同誌5月号で発表され、連載を中止し、治療に専念することを伝えていた。前日1日の家族の報告を受け、同誌のツイッターも2日午後に「『きょうのきゅうしょく!』の作者・つかじ俊先生がお亡くなりになりました。突然の訃報で、いまだに信じられません。心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

 つかじ氏は今年9月12日、自身のツイッターで「今日で27歳になりました。なんとか生きる事ができました」と誕生日を迎えたことをつぶやいたばかりだった。

さらにコチラがつかじ俊さんのツイッターから発せられた内容になります

享年27歳という若さで死去してしまったつかじ俊さんについて、今回気になる話題と言うのが!

つかじ俊さんの顔画像や死因の大腸がんって?

つかじ俊さんは結婚してた?妻や子供の存在は?

の2本立て!

では早速!

スポンサードリンク

つかじ俊さんのプロフィール

名前(ニックネーム):つかじ俊

出身地:埼玉県

つかじ俊さんの顔画像や死因の大腸がんって?

まず、つかじ俊さんの顔画像が存在するのか?調べてみたのですが、現段階でwikiが作成されていなかったので情報が少なく、顔画像も発見できませんでした。

なので知名度的に、つかじ俊さんは高い方ではないことが伺いしれます。

さて、残念ながら27歳という若さで死去してしまったつかじ俊さん。つかじ俊さんの命を奪った病気と言うのが大腸がんでした。

2015年のがんによる死去人口は10万人を対象にした調査により男性359.7人、女性234.6人だと言われています。

この結果から分かるように、がんで死去するケースは非常に多いわけです。さらにつかじ俊さんのように比較的若い年齢で発症することも珍しくありません。

先日もフリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんにより死去し、世間を悲しみに包んだことが記憶に新しいかと思います。

さらに漫画家の死去と言うと、「おおかみこどもの雨と雪」の作者である優さんも急性心不全で死去しました。優さんの年齢は非公開となっていましたが、つかじ俊さん同様、まだお若かったのではないか?と予測できます。

では、今回のつかじ俊さんの死因である大腸がんとはどんな病気なのでしょうか?簡単ではありますが紹介してみたいと思います!

大腸がんの患者数は?

日本で1年間に新しく大腸がんと診断された人の数は、2012年では男性は約8万人、女性は約6万人と言われており増大の傾向となっています。

また臓器別にみれば、大腸がんは男性、女性ともに2番目に多いと言われている代表的ながんです。

大腸がんの症状は?

大腸がんは粘膜(腸管の最も内側にあり、消化物と触れ合う部分)から発症し、この発症の仕方には2つあると定義されています。

1つは粘膜にできたポリープ(良性の腫瘍)が、がんに発展するケース、もう1つは粘膜から直接がんが発症するケースです。

大腸がんが進行するとともに、腸管が詰まったり、粘膜にあるがんの表面から出血したりして、症状が出るようになります。

また

早期の大腸がんには自分で気付く症状がほとんどないといえます。実際のところ、大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘されるとか診断時に自分で気付く症状がなかったというリサーチ実績があります。

大腸がんが進行すると

排便の変化

・血便(血液が混じった便)が出る

・下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる

・便が細くなる

・下痢と便秘を繰り返す

・便が残っている感じがする

お腹の変化

・お腹が張っていると感じる

・腹痛が起きる

・お腹にしこりがある

その他の変化

・貧血が起きる

・嘔吐(おうと)する

・急に体重が落ちている

などの自覚症状がみられてきます。

大腸がんのステージ

ステージ0→粘膜の中にとどまっている

ステージ1→固有筋層までとどいている

ステージ2→固有筋層を越えて周囲に広がっている

ステージ3a→3個以上のリンパ節に転移している

ステージ3b→4個以上のリンパ節に転移している

ステージ4→肝臓や肺、腹膜など離れた臓器に転移している

大腸がんの生存率

5年生存率とは、がんと診断された人の中で、5年後に生きている人のパーセンテージを指します。

大腸がんだけじゃなく、がんの治療効果のベースに5年生存率がよく利用されます。

というのも、大腸がんの再発は多くの場合、手術から5年の間に発生するため、がんと診断された日から5年後に生きているとすれば、がんは治療によって治ったと見なされるためです。

大腸がんのステージ別の生存率をみますと、ステージ0やⅠ程度の早期の段階では、90以上のパーセンテージで治ります。

しかし、ここで示されている生存率は、大勢のがん患者さんの中間の値です。患者さん個々の余命を決めるものとは異なります。

大腸がんがどういった病気なのか?ある程度はお分かり頂けたかと思います。つかじ俊さんが27歳という若さで死去してしまった原因・・・。それはまさに大腸がんに気付かなかったからではないでしょうか?

気付いた時には、もう手遅れの状態だったのでしょうね・・・。

スポンサードリンク

つかじ俊さんは結婚してた?妻や子供の存在は?

続いては、つかじ俊さんは結婚していたのか?していたとすれば妻や子供の存在も気になるところ。

しかし、調べてみるとつかじ俊さんは未婚だと判明しました。なので結婚はしていませんし、妻や子供もいないと言うことになります。

つかじ俊さん死去によるネットの声

 

 

 

 

まとめ

というわけで、今回はつかじ俊さんについて

つかじ俊さんの顔画像や死因の大腸がんって?

つかじ俊さんは結婚してた?妻や子供の存在は?

を紹介してきたわけですが、本人が気づかないうちにがんが進行している。そして気付いた時にはすでに手遅れな状態・・・それが大腸がんという病気なんだと、改めて今回のつかじ俊さんの死去で教えて頂きました。

心よりご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク